無料ブログ作成サービス JUGEM
【腎不全・癌の老猫の闘病日記-虹の橋へ】
0
    【腎不全・癌の老猫の闘病日記-虹の橋へ】



    突然ですが、我が家の愛猫が5月22日の午後10時5分に天国に旅立ちました。

    復活を、奇跡を願ってこの記事を書いてきました。

    今は、津波のように襲い掛かる悲しみに耐えている状態です。

    同じ病気で悩んでいる飼い主さんのために、少しでも参考にしていただければと、自宅看護から臨終までの記録を綴ります。



    病院猫

    <名前>ごん太

    <種類>猫の雑種(洋猫と和猫のMIX)

    <年齢>15歳と8ヶ月

    <性別>雄、去勢手術済

    <症状>腎不全、原因不明の慢性尿疾患、腰椎1本不足、大結腸による慢性便秘、首に原因不明の腫瘍

    ※尿道結石で治療食と結石防止薬を13年以上。



    5月19日

    東大動物医療センターで、膀胱壁が2月の診断時よりも厚くなっている。

    膀胱の上に2〜3cmの腫瘍、胃の下に5cm位の腫瘍の塊数個。

    脱水症。黄疸が出ている。腎臓の数値が正常時の3倍。

    腹水が溜まる(腹水の中にあってはならない嫌な細胞が検出)



    癌の転移。治療法なし。余命がさほど長く無い事を宣告される。



    猫床ずれを発見!



    5月22日-18時08分

    ごん太の体温、37.9度。

    カーペットの温度やホッカイロを外すと、すぐに体温が下がってきてしまう。

    オシッコの量は湿る程度になる。



    5月22日-19時35分

    ごん太の体温、38.2度。

    体温は安定してきたが、オシッコ数滴。



    病院猫は犬と違って寝たきりになることはなく、床ずれも聞かないと若いドクターにも、またネットで調べても書いてあったが、実際にごん太は床ずれを起こした。

    寝たきりのごん太の体を夫と慎重に起こして向きを変えたら

    ごん太の左頬が酷い床ずれを起こしていた。とても痛そうでショックだった!

    床ずれの事をネットで調べたら、「綺麗な水で洗ってあげるのが良い」と書いていたので、スポイドで浄化水をかけて洗った。

    沁みるのか、痛そうな顔をするので、ぬるま湯に変えたらジッとしていた。



    たとえ猫でも、寝たきりになれば免疫力も低下しているので床ずれは起こるのだ。



    病院【床ずれを起こしにくくするために】-------------------------------------------------------

    寝たきりのワンちゃんや猫ちゃんの体の下に、厚めのバスタオルや毛布を折りたたんで

    敷いてあげる。猫ちゃんの場合、一日に一回は慎重に向きを変えてあげる。

    ------------------------------------------------------------------------------------------------------



    猫虹の橋へ



    ここからは、決して奇麗事ではないので、まだ別れの経験のない飼い主さんは心して読んでください。



    5月22日-21時50分

    ごん太が脚をモゴモゴさせたので調べてみたら、多目の黄色のオシッコをしていた。

    昨日から数滴のオシッコを繰り返していたので、大量のオシッコを出した事にホッとした。

    表情が少し落ち着いたように見えた。



    5月22日-10時00分

    ごん太の呼吸が急に荒くなってきた!

    ハアハアと苦しそうに呼吸を始めた。床ずれの箇所が痛いのかと思ったら

    急に嘔吐を始めた!



    深緑色の臭い液体を大量に吐いた!

    窒息しないように体を持ち上げた。



    「ごん太、悪いものは全部吐いてしまえ!」と夫が叫んだ。

    ごん太は何度も、繰り返し臭い緑色の液体を大量に吐いた。

    同時に茶色い液体と一緒に少量のウンチもした。

    ごん太が急にグッタリしたので、私の胸に抱いた。

    何度か喘ぐ呼吸をして、頭がガクッとなった。



    5月22日-22時5分。ごん太は私の胸で永眠した。



    「死んじゃった〜!ごん太が死んじゃったよー!」

    「本当に死んだのか?!ごん太は本当に死んじゃったのか!」



    ごん太の心臓をマッサージしても、鼻と口に息を吹きかけても

    ごん太が戻ってくることはなかった。

    ごん太の心臓が止まるまでの5分間。決して静かに眠るように息を引き取ったわけではないが、

    ごん太は体の中の悪いもの、汚れたものを全部吐き出して死んだ。



    猫穏やかな顔



    泣きながら、ごん太の口とお尻を綺麗に洗って真っ白い綺麗な布に包んだ。

    ごん太は本当に穏やかな安らかな顔になっていた。



    ごん太安らかに





    ホームドクターから、「亡くなる前にはごん太ちゃんは苦しんで見ているのは辛いと思うけど、

    決して自分を責めてはダメですよ。最後まで見守ってあげることが、ごん太ちゃんが喜ぶことだからね」って言われていた。



    ごん太の最後の体温は、38.4度。

    一時間経っても、まだ温かく死んでしまった事が信じられないほど。



    【臨終の時について】

    ごん太の場合は、全部汚いものを吐き出して亡くなりました。

    体温が下がり、眠るように亡くなる子もいると聞きます。

    また、最後を見届ける事ができなかった飼い主さんもいらっしゃるでしょう。



    我が家は、最後まで見届ける事ができて本当に良かったと思っています。

    出来れば、ペットの余命が宣告されたら出来るだけ入院ではなく

    ペットの大好きな自宅で看取ってあげて欲しいと思います。

    それは、ペットのためだけではなく、自分自身のためにも。





    よつばのクローバーよつばのクローバーよつばのクローバーよつばのクローバーよつばのクローバーよつばのクローバーよつばのクローバーよつばのクローバーよつばのクローバーよつばのクローバーよつばのクローバーよつばのクローバーよつばのクローバーよつばのクローバーよつばのクローバーよつばのクローバーよつばのクローバーよつばのクローバーよつばのクローバーよつばのクローバーよつばのクローバーよつばのクローバーよつばのクローバーよつばのクローバーよつばのクローバーよつばのクローバーよつばのクローバー



    ワンちゃんの健康の維持とコミュニケーションアップのための

    「ペットのツボマッサージウエア」



    ペットのツボマッサージウエア



    【開発・販売】

    パルペット



    【店頭販売】

    東急ハンズ池袋店8F「ねこぶくろ



    たまプラーザ駅近「
    わんプラ



    パルペットのページへ



    【ネット販売】

    iimono.shop-pro



    バイヤーズショップ


    | | 腎不全の老猫の闘病日記 | comments(0) | - |