無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
虹の橋
0
    【虹の橋】



    動物たちが亡くなると、天国に続く橋のたもとに行くと

    ブログフレンドから教えてもらいました。

    この詩の作者は不明だそうですが、読んでいるとずいぶんと慰められました。






    よつばのクローバー虹の橋



    天国の、ほんの少し手前に「虹の橋」と呼ばれるところがあります。



    この地上にいる誰かと愛しあっていた動物たちは、

    死ぬと『虹の橋』へ行くのです。

    そこには草地や丘があり、彼らはみんなで走り回って遊ぶのです。

    たっぷりの食べ物と水、そして日の光に恵まれ、

    彼らは暖かく快適に過ごしているのです。



    病気だった子も年老いていた子も、みんな元気を取り戻し、

    傷ついていたり不自由なからだになっていた子も、

    元のからだを取り戻すのです。まるで過ぎた日の夢のように。



    みんな幸せで満ち足りているけれど、ひとつだけ不満があるのです。

    それは自分にとっての特別な誰かさん、残してきてしまった誰かさんが

    ここにいない寂しさを感じているのです。



    動物たちは、みんな一緒に走り回って遊んでいます。

    でも、ある日その中の1匹が突然立ち止まり、遠くを見つめます。

    その瞳はきらきら輝き、からだは喜びに小刻みに震えはじめます。



    突然その子はみんなから離れ、緑の草の上を走りはじめます。

    速く、それは速く、飛ぶように。あなたを見つけたのです。

    あなたとあなたの友は、再会の喜びに固く抱きあいます。

    そしてもう二度と離れたりはしないのです。

    幸福のキスがあなたの顔に降りそそぎ、

    あなたの両手は愛する動物を優しく愛撫します。



    そしてあなたは、信頼にあふれる友の瞳をもう一度のぞき込むのです。

    あなたの人生から長い間失われていたけれど、

    その心からは一日たりとも消えたことのなかったその瞳を。



     それからあなたたちは、一緒に「虹の橋」を渡っていくのです。



    和訳:YORISUN





    よつばのクローバー虹の橋のたもと

      

    天国とこの世を結ぶ橋がある。



    その橋は、様々な色合いから『虹の橋』と呼ばれている。

    『虹の橋』の一歩手前には草地や丘、青々とした緑あふれる谷がある。

    大切な動物達は、死ぬとその場所へ行くのです。

    そこにはいつも食べ物と水があり、気候はいつも暖かいまるで春のようです。



    歳をとって、からだが弱っていた者でも、ここへ来て若さを取り戻し、

    からだが不自由になっていた者は、元どおりの健康な姿になる。

    そして一日中いっしょになって遊んだりしている。

    だが、橋のそばにはみんなと様子が異なるものもいるのです。



    疲れ果て、飢え、苦しみ、誰にも愛されなかった動物たちです。

    他の動物たちが一匹また一匹と、

    それぞれの特別なだれかといっしょに橋を渡っていくのを

    とても悲しげに眺めているのです。



    彼らには特別なだれかなどいない。

    生きている間、そんな人間は誰一人現れなかった。

    しかし、ある日、動物たちが走ったり遊んだりしていると、

    橋への道のかたわらに誰かが立っているのに気づくのです

    彼はそこに繰り広げられている友の再会をものほしそうに眺めている。



    生きている間、彼は動物と暮らしたことがなかった。

    彼は疲れ果て、飢え、苦しみ、だれにも愛されなかったのです。

    そんな彼がポツンと立っていると 、愛されたことがない動物が

    どうして一人ぼっちなのだろうとそっと近づいてくのです。



    すると、なんと不思議な事が・・・・・・・・・。

    愛されたことがない動物と愛されたことがない人間が

    互いに近づくにつれ、奇跡が起こるのです。

    なぜなら、彼らは一緒になるべくして生まれたからだ。

    この世では決してめぐりあえなかった特別なだれかと大切な動物として。

    今、やっと『虹の橋』のたもとで彼らの魂は出会い、

    痛みや悲しみは消え、友はいっしょになるのです。



    そして、いっしょに『虹の橋』をわたり、もう二度と別れる事は無いのです。



    和訳:YORISUN





    あめ雨降り地区



    この詩には、第三の「雨降り地区」という場所があります。

    そうです、飼い主さんの涙が冷たい雨となって、旅立ったペット達を濡らし続けているのです。

    ペット達は、飼い主さんの嘆きを思うと、晴れた虹の橋で遊ぶ気にもなれず

    ジーっと、飼い主さんの悲しみが薄れるのを待っているのです。

    そして、飼い主さんがペットとの楽しい想い出を浮かべて幸せに暮らしてくれるのを待っているのです。



    私も、ごん太を「雨降り地区」で濡らしていました。

    28日に初七日を終え、今はごん太が虹の橋で楽しく遊んでいる事を

    思い浮かべながら過ごしています。

    そして、夫とごん太の楽しい想い出を毎日話しています。

    それでも、急に寂しくなって涙が出てきます。

    そんな時、ごん太の上に天気雨が降っているのだと思うのです。
    | | 虹の橋。 | comments(1) | - |
    Comment
    2009/06/10 5:00 PM posted by: Miporin
    虹の橋の記事にはコメント欄を設けました。
    ペットを亡くされた方が自由に気持をコメントすることで少しでも癒されればと存じます。
    私もペットロスのサークルにコメントする事で、心の安定を保つことができました。
    尚、広告目的や揶揄や風刺的なコメントとは、ブログ責任者の私が削除させていただきます。
    name:
    email:
    url:
    comments: